注文住宅 防犯住宅
  注文住宅TOP土地探しのテクニック > [必要な知識 5] ヨウ壁(高低差のある土地)は高いお買い物  
 

ヨウ壁(高低差のある土地)は高いお買い物

 
  工法比較  
   オール電化住宅 スポンサード リンク



[必要な知識 1] 地価情報の調べ方 
[必要な知識 2] 土地取得に関連する法律を覚えよう
[必要な知識 3] 土地の形状いろいろ
[必要な知識 4] 南向きか、北向きか
[必要な知識 5] ヨウ壁(高低差のある土地)は高いお買い物
[必要な知識 6] 軟弱地盤を掴まない為に
[必要な知識 7] 土地の値段を決める15の要素
[テクニック 1] 便利さと静かさのバランスがとれた街を探す
[テクニック 2] 建築条件付や定期借地権を利用する
[テクニック 3] 競売・公売物件・国・公有財産売払物件を探す
[テクニック 4] 新鮮な情報を仕入れる

 
  健康快適住宅   
  防犯住宅   
  屋上緑化住宅  
 
  家づくりスケジュール
  土地探しのテクニック  
  資料請求で情報収集  
  家づくりに役立つコラム  
 
  キッチン  
  リビング・ダイニング

(1)新規造成の土地の場合

山や丘を造成した土地の場合、道路や隣地と高低差ができることがよくありますが、
高低差のある土地は、買った後に費用が高くつきます。
販売している時点で、既にヨウ壁が設置されていて、車庫ができているようなケースをよく見ますが、
これは良心的な売り方です。
土地の広告に「法面(のりめん)○○u含む」のような表現がされている場合、
現地をよく見た方がいいです。通常、このような土地はまわりの土地に比べて安く設定していますが、
ヨウ壁の工事代を入れると、高低差の無い土地の方が安くなるケースが多いです。

(2)中古の土地の場合

古い土地で高低差がある土地の場合には、石積みやブロック積みなどのヨウ壁が既に
設置されている場合が多いのですが、これがくせ者です。
ヨウ壁の強度が確認できないから解体してもう一度、ヨウ壁を設置する必要が出てくるのです。
よく古屋付の中古の土地が売りに出ていますが、その土地にヨウ壁があったら、
建物とヨウ壁両方の解体費に、新規のヨウ壁工事費がかかるので家を建てる前に
多額の資金が必要になります。

   
  トイレ    
  バスルーム    
  子供部屋    
  寝室    
   
  住宅ローン借入額    
  住宅ローン金利    
  住宅ローン返済方法    
  住宅ローン比較    
   
  住宅展示場活用法    
  住宅展示場リンク集