注文住宅 防犯住宅
  注文住宅TOP家づくりのスケジュール>[STEP 9] 竣工〜引き渡し  
 

竣工〜引き渡し

 
  工法比較  
   オール電化住宅 スポンサード リンク



[STEP 1] 家づくりの基本を知る
[STEP 2] 自分の現状分析を行う
[STEP 3] 住みたい街を探す
[STEP 4] 理想の家をイメージをする
[STEP 5] 家を建てる土地を買う
[STEP 6] 家を建てる依頼先の会社探し
[STEP 7] プラン検討〜確認申請
[STEP 8] 着工〜工事
[STEP 9] 竣工〜引渡し 
[STEP 10] 入居後

 
  健康快適住宅   
  防犯住宅   
  屋上緑化住宅  
 
  家づくりスケジュール
  土地探しのテクニック  
  資料請求で情報収集  
  家づくりに役立つコラム  
 
  キッチン  
  リビング・ダイニング

竣工〜引渡し

建築工事がすべて終わった段階が「竣工」です。
この段階で、建築基準法に適合していることを確認するために「完了検査」を受け
「検査済証」の交付を受けます。
フラット35を利用する場合も竣工後に検査を受けます。
また、設計者、工事監理者、施工者の立会いの下に、工事請負契約の内容どおりに
なっているかどうか、最終的な確認を行い、問題がなければ引き渡しを受けます。

工事現場に足を運ぼう

竣工時の完了検査の段階では、見える部分しか確認できないので、
ふだんから現場に足を運んで、壁の中、床の下、天井の上等、見えないところにまで
よく見ておくことが大切です。
お客さんが現場に頻繁に来るのとそうでないのとでは、大工さんのプレッシャーも変わってきます。
ほとんどの大工さんは変わらないかもしれませんが。。。
それでも、自分の思っているものと違うイメージになっていることに気づいたら、手遅れになる前に
指摘して修正することが可能なので大切なことです。
しかし、指摘するのは、現場の大工さんに対してではなく、現場監督さんなどの責任者に行うのが
あとあとのトラブルを避けるコツです。

引渡し前によく確認しよう!

住宅の完成後、引渡しまでに現場監督さんと一緒に最終チェックを行うタイミングがあるかと
思いますが、要望通り仕上がっているか、傷や汚れはないか、よくチェックしましょう。
もし、そのようなタイミングがないようでしたら、自分で確認を申し出ましょう。
万一、不具合を発見したら遠慮無く指摘し、直してもらいましょう。
引渡しを受けた後に言っても、なかなか難しいです。 

[STEP 10] 入居後 へ  

 



=目次=

[STEP 1] 家づくりの基本を知る
[STEP 2] 自分の現状分析を行う
[STEP 3] 住みたい街を探す
[STEP 4] 理想の家をイメージをする
[STEP 5] 家を建てる土地を買う
[STEP 6] 家を建てる依頼先の会社探し
[STEP 7] プラン検討〜確認申請
[STEP 8] 着工〜工事
[STEP 9] 竣工〜引き渡し 
[STEP 10] 入居後

   
  トイレ    
  バスルーム    
  子供部屋    
  寝室    
   
  住宅ローン借入額    
  住宅ローン金利    
  住宅ローン返済方法    
  住宅ローン比較    
   
  住宅展示場活用法    
  住宅展示場リンク集