注文住宅 防犯住宅
  注文住宅TOP家づくりのスケジュール>[STEP 8] 着工〜工事  
 

着工〜工事

 
  工法比較  
   オール電化住宅 スポンサード リンク



[STEP 1] 家づくりの基本を知る
[STEP 2] 自分の現状分析を行う
[STEP 3] 住みたい街を探す
[STEP 4] 理想の家をイメージをする
[STEP 5] 家を建てる土地を買う
[STEP 6] 家を建てる依頼先の会社探し
[STEP 7] プラン検討〜確認申請
[STEP 8] 着工〜工事 
[STEP 9] 竣工〜引き渡し
[STEP 10] 入居後

 
  健康快適住宅   
  防犯住宅   
  屋上緑化住宅  
 
  家づくりスケジュール
  土地探しのテクニック  
  資料請求で情報収集  
  家づくりに役立つコラム  
 
  キッチン  
  リビング・ダイニング

工程は把握し近隣に挨拶しておきましょう

着工が始まるまでに、どのような工程で進む予定なのか聞いておきましょう。
親切なところであれば、工程表を見せてくれます。
どのような感じで進むのかを知っているのと知らないのとでは安心感が違ってきます。
また、その工程表で、節目と思われるところでは、現場に足を運んで経過を見守りましょう。
可能であれば、写真で残しておくと、後で良い思い出になります。
また、工事の時間は、できれば平日9〜17時として近隣住民の配慮をしてもらいましょう。
これから住むのに建築中にトラブルになっては台無しです。

また、近隣への挨拶は、たいてい工事の監督さんがやってくれるのが普通ですが、
それとは別に自分でも行っておくと、住む前から印象アップになります。

解体&整地 → 地縄張り → 地鎮祭

まずは着工の準備から入ります。
もし、その土地に不要な建物がある場合、まずは解体&整地からになります。
それから、敷地境界からの距離を測り、「地縄」という縄を張って、建物を建てる位置を確認する
「地縄張り」という工程になります。 その後は地鎮祭となります。
地鎮祭とは、工事中の安全を願い、そこに住む者の末永い幸せを祈願するものです。
最近では省略するケースも出てきているようです。

土工事 → 基礎工事

基礎を作る為に、土を掘ったり整地したりする土工事、型枠を組んで、鉄筋を配置して、
コンクリートを流しいれる基礎工事が行われます。
基礎を設置する地盤は、硬い地盤まで掘り下げるか、硬い地盤に達するまで杭を打って
基礎を硬い地盤で支える必要があります。

木工事 → 屋根工事 → 外装工事

木造住宅の場合、柱、梁、屋根組みなど、木を組んでいく工事を木工事と呼んでいて、
鉄骨系の住宅メーカーでは、上棟工事やシェルター工事と呼んでいたりします。
その後、屋根工事、外装工事と続き、内装工事、設備工事、外構工事となります。

[STEP 9] 竣工〜引き渡し へ  

 



=目次=

[STEP 1] 家づくりの基本を知る
[STEP 2] 自分の現状分析を行う
[STEP 3] 住みたい街を探す
[STEP 4] 理想の家をイメージをする
[STEP 5] 家を建てる土地を買う
[STEP 6] 家を建てる依頼先の会社探し
[STEP 7] プラン検討〜確認申請
[STEP 8] 着工〜工事 
[STEP 9] 竣工〜引き渡し
[STEP 10] 入居後

   
  トイレ    
  バスルーム    
  子供部屋    
  寝室    
   
  住宅ローン借入額    
  住宅ローン金利    
  住宅ローン返済方法    
  住宅ローン比較    
   
  住宅展示場活用法    
  住宅展示場リンク集