注文住宅 住宅ローン 比較
  注文住宅TOP注文住宅ニュース2008年6月>住宅ローン審査で銀行は何を見る!?
 

住宅ローン審査で銀行は何を見る!?

  工法比較
  オール電化住宅 スポンサード リンク

  健康快適住宅 
  防犯住宅
  屋上緑化住宅

住宅ローン審査で見られる主なものは下記の通りです。

■年収
「年収」は言わずもがな、多いに越したことはありません。

■勤務している会社
公務員や一部上場企業など安定した企業の方が審査に通りやすいといえます。

■勤続年数
「勤続年数」が長い方が、安定性が見込めますので、有利です。

その他にも、現在の住居、現在のローン状況およびローン履歴、年齢なども見られます。

一番、やっかいなのが、「年収」や「勤続年数」が足りない場合です。
銀行の住宅ローンの大半は勤続年数が短かったり、設立間もない企業などの場合、
また、年収が少ない場合、住宅ローンの審査で落とします。

住宅ローンを融資する金融機関は、その相手に返済能力があるかどうか、
あらゆる面から調査します。

対象となるのは申込者の収入の状況や雇用形態、勤続年数、保有資産だけでなく、
消費者金融やクレジット会社の利用状況、さらには自動車ローンの利用状況などについても
個人信用調査機関を通して審査をされます。

そのため、これらの支払いを延滞した事がある場合には、
住宅ローンの利用が困難になるケースがあります。

また、配偶者と収入合算をして連帯債務者にする場合には、
その配偶者についても同様な審査がありますので注意しましょう。

このほか、「購入物件が申込者の収入状況からかけ離れていないのか」、
「借り入れ金額が物件価値(価格)の何割なのか」、「自己資金をどの程度保有しているのか」、
さらに、「住宅ローンを含めた全ての年間返済額が年収に対してどのくらいの割合になっているのか」
など、様々な角度から審査をされます。

これらの基準は金融機関ごとに違いますので、ご自身の現在の状況に合わせて
申し込み先金融機関を選ぶことも大切になります。
ただし、一般的に審査の厳しい金融機関は金利が低く、審査に通過しやすい金融機関は
金利が高く設定されています。
そのため、安易に審査に通過しやすいからといって金利の高いローンを組んでしまうと、
後の返済が厳しくなりますので注意しましょう。

 

  外壁
  屋根
  サッシ
  タイル
  キッチン
  リビング・ダイニング
  トイレ
  バスルーム
  子供部屋
  寝室
  住宅ローン借入額
  住宅ローン金利
  住宅ローン返済方法
  住宅ローン比較
  注文住宅ニュース 
  住宅展示場活用法
  住宅展示場リンク集