注文住宅
  注文住宅TOP注文住宅ニュース2008年5月>マンション緊急地震速報配信サービス採用物件
 

マンション緊急地震速報配信サービス採用物件

  工法比較
  オール電化住宅 スポンサード リンク

  健康快適住宅 
  防犯住宅
  屋上緑化住宅

(株)大京は16日、同社グループの(株)大京アステージが管理受託している既存マンションへ
「マンション緊急地震速報配信サービス」を初めて採用すると発表した。

同サービスは、気象庁が提供する緊急地震速報を、大京アステージが受信し、
マンション所在地等の地震情報に解析を行ない、業務提携している(株)NTTコミュニケーションズの
通信設備や技術等を利用して、対象エリアのマンションの住戸内にあるインターホンを利用して
再配信するもの。

導入するマンションは「ライオンズヒルズ高知」(高知県高知市、総戸数284戸)で、
稼働日は7月1日を予定している。

なお、新築物件でも「ザ・ライオンズ武蔵野」など3物件を皮切りに順次採用していく方針。

■マンション緊急地震速報配信サービスの流れ 

(1)地震発生時に気象庁(気象業務支援センター)から発信される「緊急地震速報」を、
   マンションで受信します。

(2)受信した緊急地震速報を、マンション棟内に設置された地震情報解析器で受信解析します。

(3)各住戸に設置されたインターホンを通じ、音声と画面表示で地震の大きな揺れが到達する前に、
   地震発生をお知らせします。

 




 

  外壁
  屋根
  サッシ
  タイル
  キッチン
  リビング・ダイニング
  トイレ
  バスルーム
  子供部屋
  寝室
  住宅ローン借入額
  住宅ローン金利
  住宅ローン返済方法
  住宅ローン比較
  注文住宅ニュース 
  住宅展示場活用法
  住宅展示場リンク集