注文住宅 住宅ローン 比較
  注文住宅TOP注文住宅ニュース2008年5月>マルチハビテーションの実現
 

マルチハビテーションの実現

  工法比較
  オール電化住宅 スポンサード リンク

  健康快適住宅 
  防犯住宅
  屋上緑化住宅

国土交通省は、「タイムシェア型住宅供給研究会」を発足。13日に初会合を開く。
同省では、二地域居住等のマルチハビテーションの実現を基本的な施策として位置づけている。
こうしたマルチハビテーションの一形態として一つの住戸を複数で所有し、
それぞれ所定の期間に毎年使用することができる権利を保有するかたちで“共同所有”する
「タイムシェア方式」の住宅供給が近年急速に拡大している。
こうした方式の住宅供給は、マルチハビテーションの実現に加え、地域活性化、
住宅投資の拡大等につながると考えられることから、タイムシェア型居住を促進する意義、
消費者が安心して取得できる枠組みのあり方、普及を図るための支援のあり方等について
検討することを目的に同研究会を設置したもの。
研究会委員長には、東京大学空間情報科学研究センター副センター長・教授の浅見泰司氏が就任。

■下記4つについて検討を重ね、8月にもとりまとめを発表する予定。

(1)タイムシェア型居住を促進する意義
(2)消費者が安心して取得できる枠組みのあり方
(3)信託を活用した供給スキームのあり方
(4)タイムシェア型居住に関連する法制度の整理等

  外壁
  屋根
  サッシ
  タイル
  キッチン
  リビング・ダイニング
  トイレ
  バスルーム
  子供部屋
  寝室
  住宅ローン借入額
  住宅ローン金利
  住宅ローン返済方法
  住宅ローン比較
  注文住宅ニュース 
  住宅展示場活用法
  住宅展示場リンク集