注文住宅 住宅ローン 比較
  注文住宅TOP注文住宅ニュース2008年5月>三井ホーム08年3月期決算
 

三井ホーム08年3月期決算

  工法比較
  オール電化住宅 スポンサード リンク

  健康快適住宅 
  防犯住宅
  屋上緑化住宅

三井ホームは4月28日、2008年3月期決算を発表した。
当期(07年4月1日〜08年3月31日)の連結売上高は2,455億3,200万円(前期比0.7%増)、
営業利益は50億300万円(同4.1%増)、経常利益は47億8,500万円(同▲2.9%)、
当期純利益は21億2,900万円(同▲24.3%)。

当期は、期首受注残が前期を下回っていたこともあり、専用住宅事業では減収となったが、
リフォーム事業、インテリア商品販売および不動産分譲事業での増収により、
売上高および営業利益は前期比で増加した。
固定資産除却損や連結子会社2社の清算に係る子会社整理損など、
特別損失を15億7,400万円(前期比9億7,100万円増)計上したこともあり、
当期純利益は前期比で減少した。

セグメント別では、建築請負事業は、新商品を発売し、同社のデザイン力や暮らし方を含む提案力を
訴求するとともに、ブランドイメージのいっそうの向上に努めたことが、期首受注残が前期を
下回ったことなどによる専用住宅事業の減収により、
売上高は前年比▲2.8%の1,943億3,600万円となった。
住宅部資材加工・販売事業は、三井デザインテック(株)のインテリア商品販売事業の増収により、
売上高、営業利益ともに増加。
金融・リース事業では、専用住宅事業における一次取得者層からの受注増加に伴い、
三井ホームリンケージ(株)において土地つなぎ融資の取扱高が堅調に推移したことなどから、
売上高が増加。しかし、調達金利の上昇により、金融原価が増加、営業利益は減少した。
その他の事業については、専用住宅事業の受注拡大を図るため、販売用宅地を購入し、
その販売に注力したほか、三井ホームエステート(株)の賃貸管理戸数が増加したことなどにより、
売上高・営業利益とも増加した。
次期では、連結売上高2,500億円、営業利益55億円、経常利益55億円、
純利益29億円を見込んでいる。

  外壁
  屋根
  サッシ
  タイル
  キッチン
  リビング・ダイニング
  トイレ
  バスルーム
  子供部屋
  寝室
  住宅ローン借入額
  住宅ローン金利
  住宅ローン返済方法
  住宅ローン比較
  注文住宅ニュース 
  住宅展示場活用法
  住宅展示場リンク集