注文住宅 住宅ローン 比較
  注文住宅TOP注文住宅ニュース2008年5月>パナホーム特別損失などで最終赤字決算
 

パナホーム特別損失などで最終赤字決算

  工法比較
  オール電化住宅 スポンサード リンク

  健康快適住宅 
  防犯住宅
  屋上緑化住宅

パナホームは4/25、2008年3月期の連結決算を発表した。

売上高   2,936億1,600万円(前期比▲1.1%)
営業利益  87億5,700万円(同4.7%増)
経常利益  94億200万円(同▲0.2%)
当期純利益 ▲6億600万円

戸建請負事業においては、パワテック、ピュアテック、キラテックなど3つのオリジナル技術を
ベースにした白いタイルの家「ソーラ ビアンカ」や、ユニバーサルデザインの
平屋住宅「ふたりスタイル」、家事効率を高める「ソーラ・ユールキア」を発売。資産活用事業では、
オール電化賃貸住宅の「エルメゾン ネクスト」を発売。
分譲事業でも、「パークナード綱島東公園」(横浜市港北区綱島北)など
中高級分譲マンションの推進などをしてきたが、住宅事業を取り巻く環境変化の厳しいあおりをうけ、
売上高は前期比1.1%減にとどまった。
事業構造改革の効果などから、営業利益は、前年期比4.7%増であったが、
経常利益は前年期比0.2%減の94億200万円に。
また事業構造改革費用として106億1,300万円を特別損失として計上したため
6億600万円の純損失となった。

通期業務予想は、売上高3,000億円、営業利益105億円、経常利益113億円、当期純利益57億円。

  外壁
  屋根
  サッシ
  タイル
  キッチン
  リビング・ダイニング
  トイレ
  バスルーム
  子供部屋
  寝室
  住宅ローン借入額
  住宅ローン金利
  住宅ローン返済方法
  住宅ローン比較
  注文住宅ニュース 
  住宅展示場活用法
  住宅展示場リンク集