注文住宅 住宅ローン 比較
  注文住宅TOP注文住宅ニュース2008年4月>ユーカリが丘見直しへ
 

ユーカリが丘見直しへ

  工法比較
  オール電化住宅 スポンサード リンク

  健康快適住宅 
  防犯住宅
  屋上緑化住宅

1971年より千葉県佐倉市ユーカリが丘の開発を行なっている、ディベロッパーの山万(株)は、
まちづくりの方向性を抜本的に見直す。
ミキハウス子育て総研(株)やNPO法人「WITHママ」などが参画する「考える街委員会」を発足。
住民・行政とも連携し、新たな方向性を模索する。
ユーカリが丘は、総開発面積約245haのニュータウン。
総計画戸数は約8,400戸、計画人口は3万人となっている。
ニュータウンの多くが、さまざまな問題を抱える中で、ユーカリが丘は少子化対策と高齢者対策を
同時に進め、人口のバランスを確立。
高齢化率では全国の20.8%と比べ、13.7%と少なくなっている。
また、30代、40代といった子育て世代の居住者も年々増加傾向にあり、
まちを計画的に成長させた結果が現われている。
同社は、「少子高齢化」「環境共生化」「地方分権化」「高度情報通信化」「国際化」の5つの
まちづくりトレンドをキーワードにし、まちづくり事業を展開。
「考える街」という新たなコンセプトを掲げ、ユーカリが丘のまちづくりを見直し、
サスティナブルコミュニティの具現化に取り組んでいく。

ニュータウンの交通利便向上のために、電動車両を活用した交通社会情報システムの
研究開発を行なう。高齢者に配慮し、各家庭の側を通る自動コミュニティバスを、
将来は利用できるようにする計画。早ければ10月に地域のフィールド実験がスタートする予定。

また、同線「中学校」駅前の約11haに及ぶエリアには、「少子・高齢化対策」と「環境共生化」を
テーマとした、ビオトピアを計画。駅ビル、店舗、健康ファミリーマンション、有料老人ホーム、
高齢者専用賃貸住宅、一戸建住宅等を一体的に整備していく。

さらに、同線「地区センター」駅周辺の約2万5,000平方メートルでは、
業務系施設、商業系施設、市民ホール、教育施設、集合住宅等の複合開発を行なっていく予定。
17日会見した山万代表取締役社長の嶋田哲夫氏は「都市機能や働く機能も充実させ、
単なるベッドタウンではなく、循環するまちをつくりたい。子供からお年寄りまで交流できるように、
今後もまちの整備を行なっていきたい」などと述べた。

 





  外壁
  屋根
  サッシ
  タイル
  キッチン
  リビング・ダイニング
  トイレ
  バスルーム
  子供部屋
  寝室
  住宅ローン借入額
  住宅ローン金利
  住宅ローン返済方法
  住宅ローン比較
  注文住宅ニュース 
  住宅展示場活用法
  住宅展示場リンク集