注文住宅 住宅ローン 比較
  注文住宅TOP注文住宅ニュース2008年4月>戸建住宅 安心・安全装備が標準化の傾向
 

戸建住宅 安心・安全装備が標準化の傾向

  工法比較
  オール電化住宅 スポンサード リンク

  健康快適住宅 
  防犯住宅
  屋上緑化住宅

「安全・安心」をウリにした戸建住宅の発売が相次いでいる。
外出先から携帯電話で玄関カメラの画像を確認できたり、警備員を常駐させたり…。
住民の防犯意識が高まる中、
「安全で暮らしやすい街」を押し出し、分譲地の魅力アップにつなげる狙いがあるようだ。(海老沢類)

■ 携帯電話で
三井不動産レジデンシャルが2月に販売を始めた戸建住宅「ファインコート武蔵野桜堤ブロッサム
レジデンス」(東京都武蔵野市)。 24戸すべての玄関先に訪問者や不審者を撮影する
防犯カメラを備え付け、「安全・安心な住宅」を前面に押し出す。

  「全戸に防犯カメラがあるというだけで、犯罪の抑止効果は大きい」と三井不動産広報部。目を引くのはカメラの映像を携帯電話で見られる有償のサービスだ。外出前に設定をすれば、カメラが検知した来客や不審者情報が逐一携帯にメールで届く。受け取った人はインターネットを介して好きなときにカメラの映像を確認できる。
システムを提供する松下電工ワンストップソリューショングループの安藤順基課長は
「外出先でお子さんの帰宅を確認できれば用件を早めに切り上げて帰れるし、
異常を感知した場合でもすぐに画像を見て確かめられる。
手軽に安全確認できる点が好評で、ここ数カ月はとくに導入例が増えています」と話す。

■警備員が常駐

10日に完成予定の積水ハウスの「コモンアベニュー毛野 時季の街」(67戸、栃木県足利市)は、
NTTドコモの「おサイフケータイ」をかざすだけで玄関ドアの施錠と解錠ができるシステムを導入した。
鍵をかけ忘れた場合、携帯電話の操作で施錠できる。
照明やエアコンのオン・オフも外出先から切り替えられるなど、安全性と利便性を両立させた
サービスがウリだ。

一方、遠州鉄道(静岡県浜松市)が開発した「ベイリーフ新居」(同県新居町)は、
約8万平方メートルに約380世帯が入居予定の大規模ニュータウン。
街全体の防犯機能を高めるため、入り口は2カ所に限定し、出入りを監視するカメラを取り付けた。
異変があったらいち早く駆けつけられるように、敷地内にある2階建てのコミュニティーセンターには
警備員が常駐する。

■各戸任せから

大手不動産会社などが共同運営する新築マンションポータルサイト「メジャーセブン」が
一昨年実施したマンション購入意向者調査では、一戸建てと比べたマンションの利点として
最も多く上がったのが「セキュリティーが充実している」(69%)だった。
「入り口が限られており、少ない個人負担で高度なセキュリティーを期待できる」(藤和不動産)のが
主な理由だ。防犯対策は「各戸任せ」というケースも多かった戸建て住宅だが、
「セキュリティー強化は街全体の魅力向上にもつながる」(大手不動産会社)のも事実。
高度なセキュリティーを“標準装備”する動きは今後加速しそうだ。

  外壁
  屋根
  サッシ
  タイル
  キッチン
  リビング・ダイニング
  トイレ
  バスルーム
  子供部屋
  寝室
  住宅ローン借入額
  住宅ローン金利
  住宅ローン返済方法
  住宅ローン比較
  注文住宅ニュース 
  住宅展示場活用法
  住宅展示場リンク集