注文住宅 住宅ローン 固定金利選択型住宅ローン
  注文住宅TOP住宅ローン金利>住宅ローン金利 推移
 

住宅ローン金利 推移

  工法比較
  オール電化住宅 スポンサード リンク


固定金利型住宅ローン
変動金利型住宅ローン
固定金利選択型住宅ローン
住宅ローンシュミレーション
住宅ローン金利推移
住宅ローン減税

  健康快適住宅 
  防犯住宅
  屋上緑化住宅
  外壁
  屋根
  サッシ

いつまでも低金利は続かない!?

住宅ローンの金利は、景気に大きく左右されます。
昭和61年頃の円高不況から平成景気に移行する時点では、住宅金融公庫の基準金利が
4.2%でしたが、その後のバブルによって5.5%まで上昇で推移します。
バブルがはじけてからジワジワと下降推移をつづけ、平成10年に2%まで推移しています。

都市銀行の住宅ローン金利を見てみると、金利の動きはもう少し激しく推移します。
昭和の時代は概ね公庫金利より1%高い程度の水準だったのが、平成に年号が変わると大きく
乖離し始めます。 平成2年当時、公庫融資の金利が5.4%前後だったのに対して、
都市銀行の金利は最高8.5%という高水準を記録しています。
バブル崩壊後しばらくが経過した平成5年になって、都市銀行もようやく公庫と同水準までに
金利が下がりました。
そして、2%台の長期的な低金利時代は、平成7年から始まっています。
つまり、もう10年間も低金利時代が続いていることになるのです。

その為、今の金利水準を当たり前のように感じている人も多くいるかもしれませんが、
冷静に今までの住宅ローン金利動向を見ると、過去20年間にわたる都市銀行の変動金利は
平均約4%なのです。
今後の景気動向によって再び住宅ローン金利が4%台に推移することは、十分に考えられます。

下の金利推移のグラフを見れば、今後上昇しそうな予想は一目瞭然ですね。
各銀行毎によっても違いますので、住宅ローン金利・銀行比較も参考にしてみて下さい。


  タイル
  キッチン
  リビング・ダイニング
  トイレ
  バスルーム
  子供部屋
  寝室
  住宅ローン借入額
  住宅ローン金利 
  住宅ローン返済方法
  住宅ローン比較
  住宅展示場活用法
  住宅展示場リンク集