注文住宅 吹抜 リビング
  注文住宅TOPリビング・ダイニング>吹抜リビング  
 

吹抜リビング

 
  工法比較  
  オール電化住宅 スポンサード リンク


吹抜リビング
 
  健康快適住宅   
  防犯住宅  
  屋上緑化住宅  

リビングに吹抜を配置するメリット

リビングは、くつろぐ場所です。 
そんなくつろぐ空間が狭かったり、狭く感じる空間だったらくつろぐことが出来ませんよね。 
リビングに吹抜を配置することにより、リビングが広く感じられ、開放的な気持ちが味わえます。
また、開口を多く取ることが出来るので、光を多く取り入れることが出来ます。

リビングに吹抜を配置するデメリット

吹抜にするということは、2階の床面積がその分減るということです。
つまり、1部屋分減らす必要があります。
子供が多い場合は、2階の子供部屋を確保できなくなります。
その為、150u以下の大きくない家の場合、吹抜の間取りは難しいと言えるでしょう。
また、リビングやキッチンの音が、2階に漏れやすくなるので、受験生の子供を持つ家なんかでは
家族が気を遣うことになります。

吹抜の注意点

暖かい空気は、軽いので、天井に溜まってしまいます。
それを防ぐ為に、吹抜けの上にシーリングファン(右写真)を
取り付けることをお勧めします。
また、同様の理由で、床暖房が理想的です。

 

   
  外壁    
  屋根    
  サッシ    
  タイル    
   
  キッチン    
  リビング・ダイニング     
  トイレ    
  バスルーム    
  子供部屋    
  寝室    
   
  住宅ローン借入額    
  住宅ローン金利    
  住宅ローン返済方法    
  住宅ローン比較    
   
  住宅展示場活用法    
  住宅展示場リンク集