注文住宅 屋上緑化住宅 構造
  注文住宅TOP屋上緑化住宅>屋上緑化するには耐震強化が必要  
 

屋上緑化住宅するには耐震強化が必要

 
  工法比較  
  オール電化住宅 スポンサード リンク


屋上緑化するには耐震強化が必要 
屋上緑化するには防水対策が必要
屋上緑化の風対策
屋上緑化の灌水設備
屋上緑化の床仕上材
屋上緑化といえばセダム!?
 
  健康快適住宅   
  防犯住宅  
  屋上緑化住宅   
 
  外壁  
  屋根  
  サッシ  
  タイル

構造の補強、もしくは土壌の軽量化が必要

一般的な屋上やベランダの積算荷重条件は、150〜180kg/u程度です。
比重が約1.6の土を20cmの客土とした場合、荷重は約320kg/u以上となる
ため、構造の補強、または土壌を含めた植栽の軽量化を図る必要がある。
新築する際に、構造計算してもらった上で、屋上緑化しましょう。
通常の屋上は、土壌が載ることが構造計算に入っていませんので、
勝手に屋上緑化することは避けましょう。

植物を育成させる為の土壌の厚さは、植物の大きさと種類及び土壌の組成
により異なるので、積載荷重条件を考慮して、適切な土壌と植える植物の
大きさと種類を決めることが重要である。
また、樹木の重さや外構仕上材などの重さも考慮する必要がある。

軽量化の必須アイテム

パーライト、モスライト(針葉樹皮)などの各種土壌改良材をベースとした
ケーティソイルという人工軽量培養土があります。
また、真珠岩パーライトを主成分にしたアクアソイルというのもあります。
両方、比重が通常の土壌に比べて約3分の1と軽く屋上緑化には最適です。
その他にも、ビバソイル、エコエコKなど、軽量の人工土壌があるので、
十分検討してください。

   
   
  キッチン    
  リビング・ダイニング    
  トイレ    
  バスルーム    
  子供部屋    
  寝室    
   
  住宅ローン借入額    
  住宅ローン金利    
  住宅ローン返済方法    
  住宅ローン比較    
   
  住宅展示場活用法    
  住宅展示場リンク集