注文住宅 健康快適住宅
  注文住宅TOP健康快適住宅>高断熱・高気密住宅  
 

高断熱・高気密住宅

 
  工法比較  
  オール電化住宅 スポンサード リンク


ロックウール
ポリスチレンフォーム
アスベスト
複層ガラス
 
  健康快適住宅   
  防犯住宅  
  屋上緑化住宅  
 
  外壁  
  屋根

高気密・高断熱住宅のすすめ

高気密・高断熱住宅は、発生したエネルギーを外に逃がさないという考えです。
例えば、エアコンで暖めた空気を外に逃がさないので、暖房効率をアップさせる効果があります。
その為、省エネ住宅には、高気密・高断熱は、欠かせないキーワードになってきています。

もし、断熱や気密をしていない住宅を建てたら、どこから熱が逃げるのかを解説したのが、
下のイラストです。 
あらゆるところから熱が逃げていることが分かると思います。

最近では、ほとんどの住宅メーカーが、高気密・高断熱に取り組んでいるが、
これは、断熱工事が住宅金融公庫の融資対象の1つに取り入れられている為です。
融資の基準である省エネルギー基準は、5つのエリアに分かれており、
エリアによって、必要な断熱材や窓ガラスの種類が違うことになります。

高断熱・高気密にする為には、どうしたらいいかというと、外壁や天井、床に断熱材を
使用することです。
ほとんどの住宅メーカーでは、「 ロックウール 」や「 ポリスチレンフォーム 」といった断熱材を
壁や床、天井に施します。
また、窓ガラスは、単板ガラスよりも、ガラスを2枚使い、間に空気層を設けた 複層ガラス の方が
断熱性は高いです。 さらにLow-E複層ガラスであれば、さらに断熱性がアップします。


高断熱高気密住宅

   
  サッシ    
  タイル    
   
  キッチン    
  リビング・ダイニング    
  トイレ    
  バスルーム    
  子供部屋    
  寝室    
   
  住宅ローン借入額    
  住宅ローン金利    
  住宅ローン返済方法    
  住宅ローン比較    
   
  住宅展示場活用法    
  住宅展示場リンク集